条件別でお金を借りる

今すぐお金を借りたい学生が使える方法!未成年や高校生でも借りられる?

学生が今すぐお金を借りる方法

学生はまだ収入が少ないにもかかわらず、お金が必要になることが非常に多くあります。

「サークルの飲み会で今すぐお金を借りたい!」
「生活費を払うのに精一杯で遊びに使うお金がない…」
「ギャンブルでお金を失くしてしまった。」

こういった場面では、利用用途が自由なカードローンやキャッシングでお金を借りるのがおすすめです。

この記事では今すぐお金が必要な学生のために、審査に通りやすいサービスや利用する上での注意点を解説していきます。

金融機関でお金を借りにくい未成年や高校生の人が使える「稼げる手段」も紹介するので、参考にしてみてください。

目次

学生が今すぐお金を借りられる金融機関まとめ!どこで借りるのがおすすめ?

学生でもお金を借りられる主な金融機関と、目安となる限度額などをまとめて紹介していきます。

消費者金融カードローン 銀行カードローン クレジットカード
(キャッシング枠)
学生ローン
対象年齢 20歳以上 20歳以上 18歳以上 18歳以上
金利 17〜18% 13.5〜18% 18% 16〜20%
限度額 〜500万円 〜800万円 〜30万円 〜50万円
即日融資 ×
ポイント ・即日融資で今すぐに借りられる
・学生でも審査に通りやすい
・手軽にお金を借りたい人におすすめ
・消費者金融よりも低金利
・ネット銀行なら学生でも審査に通りやすい
・銀行だから信頼感がある
・手軽にお金を借りられる
・限度額が少ない
・未成年はカード発行時に親の同意が必要
・即日融資で今すぐお金を用意できる
・未成年でもお金を借りられる
・学生向けだから審査に通りやすい

※記載のデータは目安の数値となるため、細かなデータは各金融機関によって異なります。

学生でも、即日融資で今すぐお金を借りられる方法は3つありました。

方法別に借りられる金額や金利、貸付の対象が異なるので、自分にあった借入方法をよく考えましょう。

中でもおすすめなのは「消費者金融カードローン」です。

消費者金融は即日融資に対応している金融機関の中でも特に融資スピードが早く、「どうしても今すぐにお金が必要!」という学生に向いています。

高校生の場合、金融機関での借り入れはできません。
どうしてもお金が必要な高校生は、記事の後半で紹介している方法を試してみてください。

今すぐお金が必要な学生が消費者金融カードローンを使うメリット

消費者金融カードローンには、このようなメリット・デメリットがあります。

消費者金融カードローンのメリット
・学生でも審査に通りやすい
・即日融資に対応している
・無利息期間でお得に借りられる
消費者金融カードローンのデメリット
・金利が18%ほどと高め
・年収の3分の1以上は借りられない

消費者金融は他の金融機関と比べて、「気軽に借りられる」という点が優れています。

アプリを通してすぐにお金を手元に受け取れるサービスも多く、外出先で急にお金が必要になったときにもスムーズに借入が可能です。

借入・返済方法は、コンビニATMや銀行振込など幅広い手段に対応しているので、初めてお金を借りる学生にも向いています。

それぞれの項目を、詳しくみていきましょう。

即日融資で今すぐお金を借りられる

消費者金融の最大のメリットは、即日融資を受けられること。

銀行カードローンでお金を借りようとした場合、1週間以上かかることも珍しくありません。
消費者金融はその日のうちにお金を借りられるので、必要な時にすぐ現金を用意できます。

「ギャンブルでお金を無くしてしまった…」
「友達と遊びに行くために今すぐお金が必要」

といったすぐにお金が欲しいシチュエーションにも、柔軟に対応できます。

消費者金融は学生でも審査に通りやすい

消費者金融のカードローンは、銀行と比較して学生でも審査に通りやすい特徴があります。

審査に通りやすい理由は、消費者金融が利用者を増やすために、他の金融機関でお金を借りづらい学生や主婦も気軽に借入できるようにしているからです。

またプロミスでは、女性専用の「レディースキャッシング」の取り揃えもあり、女性でも利用しやすいです。

金利が少し高めに設定されている

消費者金融の金利は18%ほどに設定されており、決して低いとは言えません。
利用期間が伸びれば伸びるほど、金利によって返済の負担が増えるので注意しましょう。

金利によって発生する利息の金額は、このような計算で求められます。

『利息=利用残高×金利÷365日×利用日数』

※金利の計算方法は各消費者金融によって異なる場合があります

例えば金利が18%で10万円を借りた場合、借りる期間によって金利はこのように変化します。

金利 利用日数
3ヶ月(90日間) 4,438円
6ヶ月(180日間) 8,876円
1年間 18,000円
2年間 36,000円

3ヶ月で返済する場合の利息は4,000円ほどですが、6ヶ月で返済すると倍の8,000円以上にもなります。

また利用期間が1年以上と長くなるほどに、金利による負担が大きくなっていきます。

借りすぎると金利分を返すだけで精一杯になってしまい、なかなか返済額を減らせない…といった状況に陥るので注意しましょう。

学生におすすめな消費者金融カードローンを紹介

ここからは「どの消費者金融を選んだらいいのかわからない…」という人のために、おすすめの消費者金融を紹介します。

レイクALSAは今すぐ5万円必要な学生におすすめ!

レイクALSAアイキャッチ

レイクALSAは、5万円までの借り入れが最もお得な消費者金融。

お得な理由はその無利息期間の長さ

他社の無利息期間は「30日間」が多い中、レイクALSAはなんと60日間も金利ゼロで借りられます。

レイクALSAの無利息期間は「借りた金額の5万円までを180日間」に変更も可能。
半年分の金利がかからないのは、大きなメリットです。
より少ない金額を長期間借りたい人は、180日間の無利息期間にしたほうが少ない負担でお金を借りられます。

60日の無利息期間が適用されるのはWeb申し込み限定なので、申し込みは公式サイトもしくは公式アプリから進めるのをおすすめします。

レイクALSAのここがおすすめ!
・無利息期間が60日間と長い
・5万円までの借り入れは180日間とさらに長い!
・即日融資対応で今すぐにお金を借りられる

アコムは最短1時間で即日融資!今すぐお金が必要な学生向け

アコムは、融資までのスピードが早い消費者金融。

審査は最短30分以内と早く、外出先で今すぐにでもお金が必要なシチュエーションでも、臨機応変にお金を借りられます。

またアコムは、その審査の通りやすさもメリット。
学生でも20歳以上でアルバイトの収入があれば審査に通る確率が高いです。

審査難易度が低いうえに手早くお金を借りられるので、初めて消費者金融を利用する学生にも向いています。

アコムのここがおすすめ!
・即日融資で今すぐお金を用意できる!
・学生でもバイトをしていれば審査に通る
・初めての利用は30日間無利息!

SMBCモビットは誰にもバレずにお金を借りたい学生におすすめ

SMBCモビットアイキャッチ

SMBCモビットは、親や学校にバレないようにお金を借りたい人におすすめの消費者金融。

他の金融機関でお金を借りる場合、勤務先やアルバイト先に在籍確認の電話が行われます。

そんな中、SMBCモビットは数少ない電話連絡なしでお金を借りられるサービスです。

自宅に届く郵便物もないため、同居している家族にも気づかれません。

SMBCモビットのここがおすすめ!
・誰にもバレずにお金を借りられる
・申し込みはWebで完結!在籍確認や郵便物がない
・三井住友銀行利用でATM手数料無料

プロミスは返済額が少ないから学生でも利用しやすい!

プロミス アイキャッチ

プロミスは即日融資や、30日間の無利息期間が魅力のクレジットカード。

他の消費者金融の違いとしては、返済金額の少なさが挙げられます。
30万円以下の借入の場合、毎月返済する金額は借入額の3.6%のみ

例えば5万円を借りた場合、返済額は2,000円とかなり少ない金額です。
返済額は借りた総額によって変わるため、返済を続けていくごとに少なくなっていきます。

アルバイト収入しかない学生にも、使いやすいサービスです。

プロミスのここがおすすめ!
・毎月の返済額が少ない
・即日融資ですぐにお金を用意
・初めての利用は30日間無利息

銀行カードローンは長期間お金を借りたい学生におすすめ

消費者金融と並んでお金を借りる方法に挙げられるのが、銀行系のカードローンです。

銀行系のカードローンは金利が抑えられているため、長期間の借入やまとまった金額のお金を借りたい学生におすすめです。

銀行カードローンのメリット
・消費者金融よりも低金利で借りられる
・年収の3分の1以上を借りられる
・まとまった金額の借り入れも可能
銀行カードローンのデメリット
・即日融資を受けられない
・審査に通りづらい

このメリット・デメリットの中でも、特に知っておきたい項目について解説していきます。

消費者金融よりも低金利で負担なく返済できる

銀行カードローンの金利は14%ほどの場合も多く、消費者金融が18%程度であることを考えるとかなりお得に借りられます。

たった4%の違いだとあまり変わりないように感じる人もいるでしょう。
しかし10万円を借りたと想定した場合、利息はこのようになります。

金利14%の場合:利息14,000円
金利18%の場合:利息18,000円

返済額は4,000円もの違いとなります。

返済期間が長くなればなるほど、低金利であることのメリットが大きくなるので、銀行カードローンは長期間の借り入れにも向いています。

年収の3分の1以上のお金を借りられる

消費者金融カードローンの場合、総量規制という法律によって借りられる金額は、年収の3分の1までに決まっています。

Q.総量規制とは何ですか?
A.借り過ぎ・貸し過ぎを防ぐために設けられた新しい規制です。具体的には、貸金業者からの借入残高が年収の3分の1を超える場合は、新たな借入れはできなくなる、という内容です。

例えば、年収300万円の方は、貸金業者から100万円までしか借りることができないということになります。

(引用:お借入れは年収の3分の1まで(総量規制について) | 日本貸金業協会

銀行でお金を借りる場合はこの総量規制の対象外となるので、年収の3分の1を超える借入もできます。

銀行カードローンは普段の生活費や遊ぶためのお金だけでなく、車の購入などのまとまった金額が必要な際にも頼りになります。

学生におすすめな銀行カードローンを一挙紹介!

銀行カードローンは信用度の高い会社員に積極的に融資を行うので、学生は審査に落ちやすい傾向があります。

少しでも審査に通る確率を上げたい人は、大手メガバンクではなくネット銀行のカードローンを選びましょう。

楽天銀行カードローンは学生でも審査に通りやすい

楽天銀行カードローンは、学生でも審査に通りやすい銀行カードローン。
金利は14.5%と消費者金融と比較して、3.5%ほど低く設定されています。

銀行系のカードローンのデメリットとして「審査に通りづらい」「融資までに時間がかかる」がありますが、楽天銀行カードローンはその短所をカバーしたサービス。

学生でもバイトの収入さえあれば審査に通る確率が高く、200万円ほどの限度額で借りられます。

また融資までの期間は他の銀行が1週間以上かかる場合も多い中、楽天銀行カードローンは最短翌日にはお金を受け取れます。

楽天銀行カードローンのここがおすすめ!
・1.9〜14.5%の低金利で借りられる
・学生でも審査に通りやすい銀行カードローン
・最短翌日に借りられる

ジャパンネット銀行カードローンは24時間いつでも申し込める!

ジャパンネット銀行カードローンは、アルバイト収入さえあれば学生でも利用できるカードローン。

銀行でお金を借りるのは面倒な手続きが必要なイメージを持っている人も多いですが、ジャパンネット銀行はネットから24時間いつでも申し込みOK

家に届く郵便物もないため、周りにバレないようにお金を借りられるのもメリットです。

ただし金利は18%と少し高め、消費者金融と同じくらいの金利となります。

学生はクレジットカードのキャッシングでもお金を借りられる

学生がお金を借りる手段のひとつに、クレジットカードのキャッシング機能があります。

クレジットカードのキャッシングを利用するメリット・デメリットはこちら。

クレジットカードキャッシングのメリット
・即日融資を受けられる
・周りにお金を借りているとバレにくい
・コンビニATMなどで気軽に借り入れできる
クレジットカードキャッシングのデメリット
・金利が18%ほどと高い
・学生の場合、限度額が低い
・年収の3分の1以上は借りられない

この中でも、特に気になる項目を解説していきます。

クレジットカードを即日発行すればその日のうちに借りられる

クレジットカードを発行すると、すぐにキャッシングの機能を利用できます。

普段の生活で買い物に使う金額が少し足りないときや、旅行先の海外で現金の持ち合わせがなくなった時などに使えます。

学生でも作れるクレジットカードがあると、カードを受け取ったらすぐに必要なお金を引き出せるので便利です。

ただし未成年の学生は、キャッシング枠を利用できないので気をつけましょう。

周りにお金をバレていると気づかれにくい

消費者金融カードローンを利用した場合、ローンカードや利用したアプリなど、借金をした形跡が何かしら残ってしまいます。

クレジットカードは支払いのツールとしての認識が強いので、持っているだけで周りに借金をしていることはバレにくいです。

学生がキャッシングするのにおすすめなクレジットカード

学生でも発行できるクレジットカードは多くあります。
しかし学生の場合、カードにキャッシング枠の付かないパターンが非常に多いです。

確実にキャッシングを利用するためには「消費者金融が発行するクレジットカード」を選ぶのが重要となります。

ACマスターカードは学生でもキャッシングOK

ACマスターカードは、消費者金融のアコムが発行するクレジットカード。
店頭受け取りを選択すると、即日発行が可能です。

消費者金融が発行しているというだけあって、限度額はショッピング枠とキャッシング枠を合わせて最大300万円と高く設定されています。

キャッシングで現金を借りるだけでなく、もちろん通常のショッピングにも利用可能。

ショッピングの支払いに利用した金額はすべてリボ払いとなるので、翌月までにお金を用意できない場合でも計画的に返済できます。

学生ローンは未成年の学生も必要なお金を借りられる

学生ローンは、学生を対象にお金の貸し借りを行う中小の消費者金融です。

代表的なサービスには「キャッシングエイワ」「イー・キャンパス」「カレッヂ」などが挙げられます。

学生ローンにはこのようなメリット・デメリットがあります。

学生ローンのメリット
・18歳や19歳といった未成年の学生も借りられる
学生ローンのデメリット
・限度額が低い
・消費者金融と比較して利便性が低い

それぞれの特徴を確認してみましょう。

学生ローンは18歳や19歳の未成年でも借り入れOK

学生ローンの最大のメリットは、未成年の学生でもお金を借りられることです。

他の金融機関の場合、未成年は貸付の対象に含まれていませんが、学生ローンの一部は18歳や19歳の学生も対象となっています。

また学生ローンは審査の通りやすさも特徴です。

大手消費者金融で審査に通過しなかった人でも、学生ローンならお金を借りられたという事例も多くあります。

学生ローンは消費者金融よりも限度額が低い

代表的な学生ローンの限度額は、以下のようになっています。

会社名 限度額
エイワ 50万円
カレッヂ 50万円
イー・キャンパス 80万円
フレンド田 50万円
マルイ 50万円

ほとんどが限度額50万円となっており、100万円のような大きい金額の借り入れはできません。

また学生ローンは、即日融資が可能です。
「少ない金額でいいから今すぐお金が必要!」という未成年の学生におすすめです。

反対に20歳以上の学生は、基本的にはレイクALSAやプロミスといった大手消費者金融のほうが優れています。

大手消費者金融には、限度額の高さ、無利息期間キャンペーンなどお得に利用できるサービスが豊富にあります。

審査に落ちてしまったなどの特別な理由がある場合にのみ、学生ローンを頼りにするのがいいでしょう。

今すぐお金が必要な高校生は「稼ぐ」のがおすすめ

高校生の場合は、金融機関ではお金を借りられません

未成年の人が借金をした場合、もしも返せなくなった際には契約の取り消しが可能と法律で決まっています。

1.成年者が法律行為をするには、その法定代理人の同意を得なければならない。ただし、単に権利を得、又は義務を免れる法律行為については、この限りでない。
2.前項の規定に反する法律行為は、取り消すことができる。

(引用元:民法|第五条 未成年の法律行為)

そもそも未成年は経済力が限られており、契約の取り消しによって貸し倒れになるリスクもあるため、ほとんどの金融機関は未成年にお金を貸さないようにしています。

一部の学生ローンは未成年でも借りられますが、親の同意が必要などの条件付きとなります。

お金が必要な高校生は「借りる」ではなく「稼ぐ」ための方法を探して、お金を用意するのがおすすめです。

効率よく稼げるアルバイトや、今すぐお金を稼げるサービスについて解説していきます。

日払いのアルバイトで稼ぐ

日払いのアルバイトは、その日に働いた分の給料をすぐに受け取れるアルバイトです。

高校生が今すぐお金を稼ぐ方法としては、最も早くお金を受け取れる手段のひとつです。

日払いのアルバイトには、こちらのような仕事があります。

  • 建設現場の軽作業
  • データ入力作業
  • 商品の梱包・検品
  • 引越し作業

また日払いのアルバイトを探す際には、空いた時間に稼げるアプリ「タイミー」を利用するのもおすすめ。

タイミー | すぐに働けてすぐにお金がもらえる

タイミー | すぐに働けてすぐにお金がもらえる
開発元:Timee, inc.
無料
posted withアプリーチ

登録すると飲食店やイベントスタッフなどで、日雇いのアルバイトができるようになります。

働いた分の給料はすぐに反映され、即時引き出せるので早くお金を手に入れたい人に向いています。

UberEatsは3日後に報酬を受け取れる

UberEatsのイメージ

UberEats(ウーバーイーツ)はスキマ時間にお金を稼げる、注目のサービス。

対象年齢は18歳以上のため、年齢さえ満たしていれば高校生でも配達パートナーとして働けます。

UberEatsをおすすめする理由は、報酬が振り込まれる早さ。

通常のアルバイトでは働いた翌月に給料の振込がありますが、UberEatsの場合は働いた翌週の水曜日に報酬の振込が行われます。

日曜日に働いた分は3日後に報酬が振り込まれるため、今すぐお金が必要な学生にもおすすめです。

不用品をフリマアプリで売って稼ぐ

メルカリ出品一覧

お金が今すぐ必要なら、今持っているものを売ってお金を稼ぐのも有効です。
持っている有名ブランドの服やアクセサリー、ゲーム機、本などをお金に変えられます。

不用品を少しでも高く売りたいなら、リサイクルショップよりフリマアプリの方がおすすめです。

出品・発送する手間こそかかりますが、値段も自分で設定できるので効率よく稼ぎやすいです。

フリマアプリの中でも「メルカリ」は月間の利用者数が1,500万人以上と日本最多。
人気の商品だと出品から数分で売れることもよくあります。

-条件別でお金を借りる

© 2020 今すぐお金が必要な時に使える具体策!お金を借りる方法と借金以外の手段